医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2016/12/08
希望の地で老後を過ごすための条件の第一位は?

 今回は、10月4日に厚生労働省が発表した「高齢社会に関する意識調査」の内容に注目します。

 この調査は、「平成28年版厚生労働白書」作成のための資料を得る目的で実施された調査で、40歳以上の男女3,000人を対象に、高齢期の就労、健康づくり、一人暮らし、地域の支え合い等に関する質問について回答を得ています。

 ここでは、この中から「高齢期の過ごし方について」の調査結果に注目します。

@高齢期に生活したい場所

 第1位は「自宅(子供の家への転居も含む)」で、72.2%と大多数を占めました。

A希望する場所で暮らすために必要なこと

 @で問うた「希望する場所」で暮らすために必要なこと(回答は3つまで)に関する回答は、以下の通りです。

第1位「医療機関が身近にあること」54.3%
第2位「介護保険のサービスが利用できること」38.2%
第3位「買い物をする店が近くにあること」34.0%
第4位「交通の便がよいこと」30.1%
第5位「家族による手助けがあること」25.5%

B自身が望む介護の姿

 自身が望む介護の姿としては、「家族に依存せずに生活できるような介護サービスがあれば自宅で介護を受けたい」との回答が37.4%で最も多く、第2位の「自宅で家族中心に介護を受けたい」の18.6%を大きく上回っています。


 ここで取り上げた内容は調査の一部ですが、上記の結果からも、「できるだけ家族に依存せずに自宅で過ごしたい」という意識の傾向がうかがえます。


 調査結果の詳細は、以下のサイトで公開されています。

厚労省「「高齢社会に関する意識調査」報告書」



※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
事務所名称・所在地
あいぼーでんワークスタイルイノベーション
〒101-0021
東京都千代田区外神田2-18-21 楽器会館6階 

TEL:03-5207-2628
FAX:03-5207-2629

Mykomon

Mycomon2








【執筆書籍(共著含む)】
図解社会保険3





 
 職場の難問

営業エリア
当事務所は全国のお客さまに対応します。(コンサルティング業務のみ)
<関東地方>
東京都 : 多摩地区:八王子市 日野市 立川市 町田市 多摩市 稲城市 国分寺市 国立市 府中市 昭島市 調布市 青梅市 小金井市 小平市 東村山市 福生市 狛江市 東大和市 清瀬市 東久留米市 武蔵村山市 武蔵野市 三鷹市 羽村市 あきる野市 西東京市 西多摩郡(瑞穂町 日の出町 檜原村 奥多摩町)
千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区
埼玉県 : 川口市 草加市 狭山市 川越市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 鳩ケ谷市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 八潮市 吉川市 さいたま市 ほか
神奈川県 : 相模原市 川崎市 横浜市 小田原市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 綾瀬市ほか
茨城県 水戸市 栃木県 宇都宮市 群馬県 前橋市 千葉県 千葉市
<北海道・東北地方> 北海道 札幌市 青森県 青森市 岩手県 盛岡市 宮城県 仙台市 秋田県 秋田市 山形県 山形市 福島県 福島市
<中部地方> 新潟県 新潟市 富山県 富山市 石川県 金沢市 福井県 福井市 山梨県 甲府市 長野県 長野市 岐阜県 岐阜市 静岡県 静岡市 愛知県 名古屋市
<近畿地方> 三重県 津市 滋賀県 大津市 京都府 京都市 大阪府 大阪市 兵庫県 神戸市 奈良県 奈良市 和歌山県 和歌山市
<中国地方> 鳥取県 鳥取市 島根県 松江市 岡山県 岡山市 広島県 広島市 山口県 山口市
<四国地方> 徳島県 徳島市 香川県 高松市 愛媛県 松山市 高知県 高知市
<九州・沖縄地方> 福岡県 福岡市 佐賀県 佐賀市 長崎県 長崎市 熊本県 熊本市 大分県 大分市 宮崎県 宮崎市 鹿児島県 鹿児島市 沖縄県 那覇市

北海道 東北 首都圏 関東 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄 東海 近畿 日本全国どこでも伺います!