健康診断についての基礎知識と助成金(パート・アルバイトの健康診断)
健康診断についての基礎知識と助成金(パート・アルバイトの健康診断)
労働安全衛生規則第43条では、労働者を雇入れた際に、雇入時健康診断を行うことが義務付けられています。また、労働安全衛生規則第44条では、1年以内ごとに1回、定期健康診断を行うことが義務付けられています。健康診断項目は次のとおりです。

 健康診断項目 雇入時健康診断 定期健康診断
1. 既往歴及び業務歴の調査
2. 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
3. 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
4. 胸部エックス線検査
5. 血圧の測定
6. 貧血検査 (赤血球数、血色素量)
7. 肝機能検査(GOT、GPT、γ−GTP)
8. 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
9. 血糖検査
10. 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
11. 心電図検査(安静時心電図検査)
1. 既往歴及び業務歴の調査
2. 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
3. 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
4. 胸部エックス線検査 (喀痰検査も)
5. 血圧の測定
6. 貧血検査 (赤血球数、血色素量)
7. 肝機能検査(GOT、GPT、γ−GTP)
8. 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
9. 血糖検査
10. 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
11. 心電図検査 (安静時心電図検査)

特定社会保険労務士のやまだです健康・環境・農林漁業分野等の事業を営む中小企業事業主(以下「重点分野関連事業主」という。)で健康づくり制度の導入等を行うものに対して、中小企業労働環境向上助成金が支給される場合があります。

「健康づくり制度」とは、法定の健康診断以外の健康づくりに資する制度であって、以下のいずれかに該当するもので、下記★印の要件をすべて満たす制度を導入した重点分野関連事業主が支給対象となります。
  • 人間ドック
  • 生活習慣病予防検診
  • 腰痛健康診断
  • メンタルヘルス相談(メンタルヘルスに係る専門家(医師、臨床心理士等)による事業所担当者向け相談、労働者向け相談。なお、相談は原則対面方式によるものとし、電話又は電子メールのみによる相談、匿名での相談は除きます。
★下記をすべて満たす制度を導入すること
● 通常の労働者(3ページ※5)に対する各制度であること。
● 健康診断等の受診等により費用を要する場合は、費用の半額以上を事業主が負担していること。
● 当該制度が適用されるための合理的な条件、事業主の費用負担が労働協約又は就業規則に明示されている
こと。

なお、パートタイマーやアルバイトについても、次の1から3までにいずれかに該当し、かつ、1週間の所定労働時間が同種の業務に従事する通常の労働者の4分の3以上であるときは、健康診断を実施する必要があります。
なお、4分の3未満であっても、1週間の所定労働時間が、同種の業務に従事する通常の労働者のおおむね2分の1以上であるときは、健康診断を実施することが望ましいとされています。

  1. 雇用期間の定めのない者
  2. 雇用期間の定めはあるが、契約の更新により、1年以上(注)使用される予定の者
  3. 雇用期間の定めはあるが、契約の更新により、1年以上(注)引き続き使用されている者

(注)特定業務従事者(深夜行。有機溶剤等有害業務従事者)にあっては、6ヵ月以上 



有期契約労働者等に対して法定外の健康診断制度を導入する事業主に対して、キャリアアップ助成金(健康管理コース)が対象となる場合があります。

 

主な受給要件

本助成金(コース)は、「有期契約労働者等のキャリアアップに関するガイドライン〜キャリアアップの促進のための助成措置の円滑な活用に向けて〜」に沿って、1の対象労働者に対して2と3の措置を実施した場合に受給することができます。

1 対象労働者
キャリアアップ助成金(健康管理コース)における「対象労働者」は、申請事業主が雇用する次の(1)または(2)のいずれかに該当する労働者です。なお、短時間労働者または申請事業主が派遣元事業主である場合の派遣労働者は、その雇用契約期間に応じて(1)または(2)として取り扱われます。
  • (1)有期契約労働者
  • (2)無期雇用労働者

  • 2 キャリアアップ管理者の配置・キャリアアップ計画の認定
ガイドラインに沿って、事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置するとともに、「キャリアアップ計画」を作成して、それについて管轄の労働局長の認定を受けること
  • 3 健康診断制度の導入
    2のキャリアップ計画に基づき、次の(1)〜(4)のすべてを満たす法定外の健康診断制度を規定し、実施したこと
    • (1)対象労働者を対象とした、次の[1]〜[4]のいずれかに該当する健康診断の制度をキャリアアップ計画期間中に新たに労働協約または就業規則に規定したこと
          • [1] 雇入時健康診断
          • [2] 定期健康診断
          • [3] 人間ドック
          • [4] 生活習慣病予防検診
        (2)(1)の健康診断の制度が、対象労働者の延べ4人以上に実施したこと
    • (3)支給申請日において(2)の健康診断の制度が継続していること
    • (4)健康診断等の費用を次のとおり負担したこと
        • [1] 雇入時健康診断および定期健康診断については、事業主が費用の全額を負担したこと
        • [2] 人間ドックおよび生活習慣病予防検診については、事業主が費用の半額以上を負担すること
事務所名称・所在地
株式会社あいそれいゆ

〒105-0013
東京都港区浜松町1-27-17 三和ビル
プレミアムオフィス浜松町417号室

東京都港区浜松町
1-27-17-417
TEL:03-6869-2572

(併設:社労士事務所あいぼーでんワークスタイルイノベーション)

Mykomon

Mycomon2

企業研修・人事労務・アンガーマネジメントなら株式会社あいそれいゆ
【ブログ】




【執筆書籍(共著含む)】
図解社会保険3





 
 職場の難問

営業エリア
当事務所は全国のお客さまに対応します。(コンサルティング業務のみ)
<関東地方>
東京都 : 千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区
埼玉県 : 川口市 草加市 狭山市 川越市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 鳩ケ谷市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 八潮市 吉川市 さいたま市 ほか
神奈川県 : 相模原市 川崎市 横浜市 小田原市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 綾瀬市ほか
茨城県 水戸市 栃木県 宇都宮市 群馬県 前橋市 千葉県 千葉市
<北海道・東北地方> 北海道 札幌市 青森県 青森市 岩手県 盛岡市 宮城県 仙台市 秋田県 秋田市 山形県 山形市 福島県 福島市
<中部地方> 新潟県 新潟市 富山県 富山市 石川県 金沢市 福井県 福井市 山梨県 甲府市 長野県 長野市 岐阜県 岐阜市 静岡県 静岡市 愛知県 名古屋市
<近畿地方> 三重県 津市 滋賀県 大津市 京都府 京都市 大阪府 大阪市 兵庫県 神戸市 奈良県 奈良市 和歌山県 和歌山市
<中国地方> 鳥取県 鳥取市 島根県 松江市 岡山県 岡山市 広島県 広島市 山口県 山口市
<四国地方> 徳島県 徳島市 香川県 高松市 愛媛県 松山市 高知県 高知市
<九州・沖縄地方> 福岡県 福岡市 佐賀県 佐賀市 長崎県 長崎市 熊本県 熊本市 大分県 大分市 宮崎県 宮崎市 鹿児島県 鹿児島市 沖縄県 那覇市

北海道 東北 首都圏 関東 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄 東海 近畿 日本全国どこでも伺います!